Since 1981.

着座時における脊椎、筋肉、代謝、血液循環などの生体的欲求は、movement(動き)に集約されます。
この問題を解決するため、ウィルクハーンが提唱したのが"dynamic sitting"です。無意識下の姿勢変化を妨げず、その動きに合わせて自動的に正しくアジャストし、自然に動きに向かうよう促すこと。
FSラインは世界初のオート・シンクロ・アジャストメント機構を搭載して"dynamic sitting"をシンプルかつ効果的に実現しました。発表から40年以上経った今でも、機能とデザインを完璧に融合させたエルゴノミクスチェアの模範として世界的に高く評価されています。

Design:
Klaus Franck, Werner Sauer
Awards:
フィラデルフィア美術館パーマネントコレクション1984 / アメリカ
Design Center Stuttgart 1981,82,84 / ドイツ
“German Selection”Haus Industrieform 1984,86,89 / ドイツ
グッドデザイン賞(model211) 1984 / 日本
“Product Family with Highest Design Value”Gute Industrieform 1986,87,88,89 / ドイツ
グッドデザイン賞(model220) 1989 / 日本
“Sitting Design Classics from A-Z”Design Center NRW 1990 / ドイツ
“TOP TEN”Design Center NRW 1991 / ドイツ
ロングライフデザイン賞(model211) 1996 / 日本
ロングライフデザイン賞(model220) 2000 / 日本
FS Line