特徴

デザイン

レッグは床に向かって外側に広がる洗練されたフォルムで、チェアのベースと相似形をなします。テーブルとチェアをセットで使用することで、反復されるラインが空間にリズムと調和をもたらします。

特徴

ディテール

ブラック/ホワイト塗装およびウッド天板のエッジは、天板の表裏両面の角を取るシンメトリカルテーパー仕上げ。加工が難しいためほとんど見られない、天板に前腕を載せたときの、前腕が角に当たる異物感をふせぐ、ユーザーフレンドリーな意匠です。

特徴

サイズバリエーション

4~22人に対応する、16ものサイズバリエーションで、さまざまなシーンにフィットします。
※ガラス天板仕様は13通り、W5400mmまで。

      Graph conference table production film