寸法表記について Close

掲載商品の寸法表記は、下記ウィルクハーン社基準の測定方法による数値で記載しています。また、単位はすべてmm単位で表示しています。

測定方法
ウィルクハーン社基準による

<試験仕様>

測定体を初期状態にする。(例:背もたれ、バネなど)
巻き尺、ものさし、ドイツ工業規格 DIN 4551による臀部ダミーの試験体を使用する。
直角に交わる壁に測定体を下図のようにセットする。

上から見た図



<測定工程>

座面高:
DIN EN 1335により、試験体と荷重(60kg重)で行われる。座面高が上下調節可能であれば、最高・最低座面高を測定する。
総 高:
測定体の最高ポイントから床までの距離を荷重を0にし測定する。座面高が上下調節可能であれば、最高・最低総高を測定する。
横 幅:
測定体のすべての輪郭点を含む、壁と平行した平面の幅の距離を初期状態で荷重を0にし測定する。
奥 行:
測定体のすべての輪郭点を含む、壁と平行した平面の奥行の距離を初期状態で荷重を0にし測定する。

<備考>

座面高:
座面高は、相応するDIN試験機器(寸法試験台)のみによって測定される。
幅・奥行:
回転イスの脚部がシート面に収まらない場合、脚部を含めて採寸される。キャスターや脚部の位置によって寸法が変化する場合は、最低の測定値を採用する。
(例:キャスターを内側に向けた状態)



copyright Wilkhahn Japan Co., Ltd. All rights reserved.