本文へ Wilkhahn
Home ホーム Corporate 会社概要 Maintenance メンテナンス Contact お問い合わせ

Concept コンセプト Products 製品情報 Web shop ウェブショップ Showroom / Shop ショールーム/取扱店

History


Phase.3 The Wilkhahn Culture 1954-1965 −企業文化の創造と変革−

次々と生み出されるオリジナル製品のために1954年、Wilkening & Hahne という創業者二人の名前を縮めた「Wilkhahn」というブランドネームが生まれます。

1955年、ゲオルグ・レオヴァルトがウィルクハーンのために最初にデザインした、Chair351はベストセラーを記録し、ヨーロッパ初のFRP(Fiberglass Reinforced Polyester)シェルチェアであるChair224は、新技術と新しい市場の創造をもたらしました。1962年に発売されたChair402は、ヴィルヘルム・リッツ(Wilhelm Ritz)がウルム造形大学の卒業制作でデザインし、世界初のサイドフレーム構造とテニスラケットの成形合板技術を椅子に応用したエポックメイキングな椅子でした。

また、1965年にはウルム造形大学のヴィジュアル・コミュニケーションの客員教授で、ルフトハンザ航空のロゴもデザインしたトマシュ・ゴンダ(Tomas Gonda)らによって、ウィルクハーンのロゴやコーポレートカラー、文字フォントなどのガイドラインがデザインされました。

1950年代の製品にはバウハウスを起源とするモダニズムが多く見られますが、ウィルクハーンによって作られた家具もまたその代表であることは間違いないでしょう。この時期にウィルクハーンの製品プログラムと根本的企業イメージ、組織という全体的な革新が行われ、ウィルクハーン・カルチャーが形成されていきました。

これはフリッツ・ハーネの影響によるところが大きかったのですが、この間のバウハウス・デザイナーらとの交流やウルム造形大学との親密で創造的なリレーションが成した効果は大変重要で意味のあるものとなったのです。



Chair 351


Chair 402


コーポレートロゴ



Back Next

Concept
Philosophy
History
1907-1945
1945-1954
1954-1965
1965-1985
1985-2000
Designer
Architecture
Ecology


copyright Wilkhahn Japan Co., Ltd. All rights reserved.